スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリレオ・ガリレイの名言:それでも地球は動く

ガリレオ・ガリレイ名言
それでも地球は動く

天文学の父と呼ばれたイタリアの物理学者(天文学者、哲学者)、ガリレオ・ガリレイ
地動説を唱えた事を理由に有罪判決を受けた際に言ったとされる有名な名言です。

今では、どんなに周囲に理解されなくても
正しい主張を貫くという意味の
慣用句の様に使われることもある名言です。

地球が宇宙の中心と考える天動説が信じられていたのがほんの400年前だなんて、
何だか不思議な感じです。

しかしそれが当たり前だった時代、
地球が太陽の周りを回っているなんて想像もできないような時代に
地動説を唱えた事って本当にすごいことだと思います。

その頭脳はもちろんですが
世間に反対されることが分かっているのに天動説を否定し、
地動説を主張するのは大変な勇気が必要だったに違いありません。

そしてガリレオ・ガリレイは最後までその主張を曲げる事はありませんでした。

その中でガリレオ・ガリレイが最後まで言い続けた言葉がこの名言
それでも地球は動く」です。

ガリレオ・ガリレイ地動説を唱えなくても、
いずれは誰か他の学者によって地球が回っている事実は世界中に知られることになったとは思いますが、
私達が今、宇宙の知識を持っていられるのはひとえにガリレオ・ガリレイのおかげだと思います。

正しい事をきちんと主張する事はこんなにも大きな力を持っているのですね。
私も正しいと思う事は堂々と主張できる人間にならなければならないと痛感しています。
それと同時に他人の主張を先入観にとらわれることなく聞く耳を持つ素直な気持ちも大切だと教えてくれた名言です。
スポンサーサイト

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 天文学の父 ガリレオ・ガリレイ 地動説 名言 慣用句 天動説 それでも地球は動く それでも地球は回っている GalileoGalilei

アルベルト・アインシュタインの名言:常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

アルベルト・アインシュタイン(アルバート・アインシュタイン  Albert Einstein)の名言
常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。


天才と呼ばれるような人たちは
あまり常識にとらわれずに生きていくことができるようですね。
そして、この名言を残したアインシュタイン
例外ではなかったと言う事だと思います。

常識にとらわれないから天才なのか、
天才だから常識にとらわれないのか。

天才と呼ばれる人達の目には
常識で構成された世界がどのように映っているのか
私にはさっぱりわかりません。
考えてもきっと私に理解できることはないと思うので
あまり考える気にもならないのですが…。

と言うのも私が生きて行くにはやはり
常識という道標が必要なのです。
私と同じように考えている人も多いのではないでしょうか。

でもアインシュタインの言う通り
常識というのは
成長する過程や人生の色々な経験の中で身に付けた
偏見の集大成なのかも知れません。

そして皆が
それぞれの常識と言う偏見を持ち寄って
今の社会が出来上がっている様な気がします。

そんな中で常識に頼りながら生きて行かなくてはならない私も、
その常識の正体が偏見だと言う事を頭でわかっていれば
今より少し上手に社会生活ができるかも知れません。

それにしてもアインシュタインの名言
常識と偏見を結び付ける所までは普通の人でも考えることかも知れませんが
十八歳と断定しているところに
アインシュタインの名言らしい強いインパクトがありますね。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : アルベルト・アインシュタインの名言 アルバート・アインシュタインの名言 アインシュタインの名言 常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクション アルベルト・アインシュタイン アルバート・アインシュタイン アインシュタイン Albert Einstein 常識

アルベルト・アインシュタインの名言:学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、なお残っているもの、それこそ教育だ。

アルベルト・アインシュタイン(アルバート・アインシュタイン、Albert Einstein)の名言
学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、なお残っているもの、それこそ教育だ。


天才物理学者アルベルト・アインシュタイン
教育の本質について語っている貴重な名言です。

教育の本質とは
学校で教科書を読んだり
ただ単に授業を聞いてテストで良い点数を取ることとは
全く違うということだと思います。

勉強だけなら学校に行かなくてもできますよね。

学校で学ぶべきことはもっと大切なことだと思います。

例えば友達との付き合い方を勉強するからこそ
社会に出て良い人間関係が築けるはずだし
先生や先輩を尊敬することも
大人になってから役に立つ大切なことです。

このような教育の大切さは
私もよく理解しているつもりですが
教育に関する私の個人的な認識と、
この名言の意味が一致しているとは限りません。

この名言はもっと深くて
大切なことを教えてくれているのかもしれません。

アインシュタインが言う教育が何を意味していたのか
具体的に知ることはできません。

学校で学んだことをすべて忘れてしまったとき、
そこに何が残っているのでしょう。

または何が残っているべきなのでしょう。

私自身、何も残っていないわけではありませんが
それが何だったのか、
はっきりとした形を実感することができません。

それはもともと言葉では言い表せないものなのかもしれませんが
同じように学校に通っていても
何か特別なものを学びとった人もいるはずです。

その特別なものを身につけたりすることが
学校に行く本来の目的なのかもしれませんね。

私はもうこれから学校に通うことはできませんが
これからの世代の子供たちには
ぜひ本当の教育を受けてもらいたいです。

きっとアルベルト・アインシュタイン
そのことを期待しているのではないでしょうか。

私も次の世代に
自分なりのやり方で
教育の本来あるべき姿を伝えていければと思います。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : アルベルト・アインシュタインの名言 学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、なお残っ アルベルト・アインシュタイン アルバート・アインシュタイン Albert Einstein 名言 学校 教育

ガリレオ・ガリレイの名言:人に何も教えることはできない。できるのは、その人自身が自分で見つけるのを助けることだけだ。

ガリレオ・ガリレイGalileo Galilei)の名言
人に何も教えることはできない。
できるのは、その人自身が自分で見つけるのを助けることだけだ。


偉大な物理学者ガリレオ・ガリレイらしい
奥の深い格言ですね。

自分から学ぼうという意思のない人には
何も伝えることはできないという意味もあると思います。

子供に勉強を教える時も、
やる気のない子供には
いくら教えても効果がありません。

逆に、
子供に勉強する意志さえあれば
どんな参考書を読んでも
どんな塾を選んだとしても
必ず成果が上がるはずです。

会社や職場でも同じことが言えるのではないでしょうか。

誰かに仕事を教えるとき、
相手にやる気があることが大前提になります。

仕事を覚えたい、役に立ちたい。
そのために仕事を教わらなければならない。
という気持ちでなければ仕事を教えても意味がありません。

でも世の中には仕事をやらされてる、
覚えさせられてる、という考え方で
仕事をする人たちが多いのではないでしょうか。

極端な場合だと、
相手が仕事を教えたがっているから聞いてあげてる、
という態度の人がいます。

私は、このような人に対しては
何もしてあげることができないと思っていました。

でもガリレオ・ガリレイはこの名言で、
その人自身が自分で見つけるのを助けることができる
と言っています。

とても難しいことだと思いますが、
ガリレオ・ガリレイの言うように
相手にやる気を起こさせることもできるのかもしれません。

あるいはその努力をするべきなのかもしれません。

私は今までその努力をしてきたことがありませんでしたが、
もし自分の努力で相手の考え方も変わるかもしれないのなら
私自身もがんばってみようと思います。

その人自身が自分で見つけるのを助けることができたら
私自身にとっても幸せなことですから。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ガリレオ・ガリレイの名言 人に何も教えることはできない。できるのは、その人自 ガリレオ・ガリレイ ガリレオ ガリレイ Galileo Galilei 名言 GalileoGalilei ガリレオガリレイ

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。