スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームズ・ラッセル・ローウェル(James Russel Lowell)の名言:歴史とは、明確にされた経験である。

ジェームズ・ラッセル・ローウェル(James Russel Lowell)の名言
歴史とは、明確にされた経験である。


人は自分たちが見た事や聞いたことを経験として積み重ねて、それを歴史として来ました。それは人類が誕生した時から欠かさず続けられてきたこと、そして人類が存在する限り続けられていくのだと思います。
歴史とは、明確にされた経験である。ジェームズ・ラッセル・ローウェルが残したこの名言は経験こそが歴史だと言っています。考えてみれば人の経験も歴史も同じく過去を表わしています。どちらも変えることはできないし消してしまう事もできません。
全ては受け入れなければならない事なのです。そして未来に生かしていかなくてはいけません。

私たちの人生に与えられた時間はあまりにも短く、全てを経験することはできません。
でも、人がたくさんいれば人の数だけ得られる経験もあります。違う時代違う場所でそれぞれがそれぞれの世界で貴重な経験をするのです。そんな経験から得られる知識や教訓は全ての人が共有できる財産です。
歴史には多くの人が残した過去の経験が凝縮されているのですから学ぶべきことが多いのは言うまでもありません。

しかし私達が知っている事だけが歴史ではない事も確かです。
歴史とは、明確にされた経験である。」この名言は、明確にされていない経験を私達は歴史として知らずにいるという事も教えてくれています。人の歴史の中には消してしまいたかった経験や残したくなかった経験があったことも否定できず、それらは自然と、あるいは意図的に歴史に埋もれて言ったのかもしれません。とは言っても人の行いは歴史として残らなくても少なからず現在の社会を作る材料となっているのです。

明確にされた経験も明確にされなかった経験も、良い事も悪い事も、伝えたい事も伝えたくない事も、残したい事も消してしまいたい事も、私たちの経験は全てが歴史として刻まれます。
私の経験も歴史の一部となるでしょうか。せっかくこの世に生きた以上は何かを残せる生き方をしたいと思います。逆に、望む望まないに関わらず私の経験も後の世代にとっては過去となってハッキリと歴史に刻まれて行くのです。だとすれば私達の人生も自分勝手に生きて良いものではなく歴史に刻まれるべき大切な時間を過ごしていると言う責任感を強く持つ必要があるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ジェームズ・ラッセル・ローウェル James Russel Lowell 名言 歴史とは、明確にされた経験である。 歴史 経験 ローウェル アメリカの詩人

マルティン・ルター(Martin Luther)の名言:医者は我らの主なる神の修繕工なり

マルティン・ルターMartin Luther)の名言
医者は我らの主なる神の修繕工なり

どうしても避けられない病気やケガをすることもありますが、
私達はいつも自己管理の甘さから体調を崩したり
不注意で本来ならばしなくても済むケガをしたりしてしまいます。
そのたびに病院に行ってお医者さんのお世話になるわけですが
マルティン・ルターによると
私達は修繕工に修理してもらっているということになるんですね。

マルティン・ルター名言が意味するところとは違いと思いますが
なるべく医者にはかかりたくないものです。
もちろん具合が悪い時に病院に行かずに我慢するという意味ではなく、
ならなくて済む病気で医者にかからないように
普段の自己管理を徹底したいです。

そして同じ様に、つまらないケガをしないように
注意深く行動しなければならないと思います。
健康な時は健康でいる事の大切さに気付きにくいと言いますが
健康な時にこそ自己管理が重要です。
だからこそ
今のありがたい健康を維持していけるように心がけたいと思います。
自分で自分の体を傷つけて修理工に直してもらわなくても済むように。

少し気を付けて生活するだけで
修理工のお世話になる機会も減らせるのではないでしょうか。
世間では医者が不足していると聞きますが、
もしかしたら必要以上に患者が多すぎるのかも知れませんね。
医療を本当に必要としている人たちが
いつでも十分な治療を受けられる為にも、
自分の体を大切にしたいと思います。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : マルティン・ルターの名言 医者は我らの主なる神の修繕工なり マルティン・ルター ルター Martin Luther 名言 医者 神の修繕工 修繕工

ゲーテの名言:人間は努力する限り迷うものだ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)の名言
人間は努力する限り迷うものだ


少し哲学的な表現になりますが
人間は常に努力をしながら生きていく生き物だと思います。

また、人としてそうであるべきだとも思います。
でも努力を続けているかぎり
人はたくさんの壁にぶつかったり
たくさんの問題と向き合っていかなくてはならないのも
厳しいですが現実です。

その道のりは決して平坦なものではなく
山があったり谷があったり、
時には逆戻りすることもあるかも知れません。
私たちはその道をいつも迷いながらも先に進んでいかなければならないのですね。
そしてゲーテ名言の通り
人間は努力を続けるかぎり迷うものなのだと思います。

ゲーテ名言
単純に努力することの難しさを説明しているだけでなく、
迷いながらも努力しつづける人を励ます言葉でもあるのではないでしょうか。
逆に努力をしなければ、あるいは努力することをやめてしまえば、
もう迷わなくても良いのかも知れません。
それはとても簡単な逃げ道です。
でも私は例え迷い続けることになるとしても、
努力をしていきたいと思います。

努力していれば迷うのは当たり前。
人間なんだから迷いながらも努力を続けなさい、
ゲーテはそんな風に言ってくれているような気がします。
これからも努力することに疲れたとき、
自分の歩く道に迷ってしまったとき、
ゲーテの言葉を思い出して自分を励ましたいと思います。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言 人間は努力する限り迷うものだ ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe 名言 努力

エドマンド・スペンサーの名言:時は変わるが、絶えず動いている。

エドマンド・スペンサー(Edmund Spenser)の名言
時は変わるが、絶えず動いている。


エドマンド・スペンサー
あまり有名ではありませんが
エリザベス1世の時代に活躍した
イングランドの詩人で
有名な作品としては『妖精の女王』などがあります。

詩人らしいスマートな表現で
時間の流れについて教えてくれています。

時代が変わりいろいろなことが起こりますが
時間は常に一定のスピードで動き続けています。

その時間の中で生きている私達ですが
時間の流れについて行かれない人も多い様な気がします。

私もその一人かもしれませんが
人間にとっての時間は
人それぞれの速さで流れています。

大都会などに象徴されるのかもしれませんが
とても速い流れの中で生きている人もいますし、
逆に自然に囲まれながら
ゆっくりとした時間の中で生きている人たちもいます。

最近ではのんびりした時間を満喫する
スローライフというものも注目されているようです。

人間はあまり急いで生きる必要もない様な気がします。

たまには身も心もひと休みすることが
大事なのではないでしょうか。

走るのをやめて少しのんびりと歩いてみたり、
ちょっとだけ寄り道をしてみたり、
時には立ち止まってみたりすると
また違った風景や
新しい世界が見えてくるかもしれません。

でも立ち止まったままでいることは
一番良くないのではないでしょうか。

エドマンド・スペンサー格言にもあるように
時間は常に流れているのですから。

自分だけが立ち止まっていたら
周りの時間だけが過ぎていき
時代について行かれなくなってしまいます。

それに立ち止まっているつもりでも
私たちは毎日少しづつ年をとっていきます。

流れていった時間を取り戻すこともできません。

私は自分自身の時間を大切にして
自分なりのペースで時間の流れに乗っていくのが
一番幸せなのではないかと思います。

周りの流れに流されることなく
自分の人生をマイペースに頑張っていきたいですね。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : エドマンド・スペンサーの名言 時は変わるが、絶えず動いている。 エドマンド・スペンサー スペンサー Edmund Spenser 名言 時は変わる 絶えず動いている 時は絶えず動いている

カール・ヨーゼフ・ジムロックの名言:忍耐の草は苦い。だが、最後には甘く柔らかい実を結ぶ。

カール・ヨーゼフ・ジムロック(Karl Joseph Simrock)の名言
忍耐の草は苦い。
だが、最後には甘く柔らかい実を結ぶ。


忍耐の大切さについての格言はたくさんありますが
この名言はとてもかっこ良く表現されています。

何かを成し遂げる時には
忍耐力が重要になる事が多いと言う事を
誰かに伝えるときには
説得力があるかもしれません。

この名言の意味は、
忍耐の時間は大変かもしれないが
そのあとには必ず苦労が報われる。
さらに付け加えると、
だから頑張って忍耐しましょうということです。

忍耐力とはねばり強さです。

長い時間ねばり強く続けることは
簡単なことではありません。

その忍耐が本当に実を結ぶのか
不安になることもあるかもしれません。

しかし、その忍耐がなければ
良い結果が出ることはないのではないでしょうか。

何かをしようとすると
どうしても忍耐力が必要になってきます。

だからこそ多くの偉人が
忍耐力の大切さを
格言にして残しているのだと思います。

カール・ヨーゼフ・ジムロック
努力し達成するまでのプロセスを
植物の成長に例えています。

カール・ヨーゼフ・ジムロックの言う
甘く柔らかい実が実るまで
どのくらいの時間がかかるのかはわかりませんが、
きっと努力と忍耐を重ねることは
ゆっくりと花を咲かせることに似ているのだと思います。

あせらずに、ゆっくりと。
最後には必ずきれいな花が咲く事を信じて、
私も自分のゴールに向かって
一歩一歩進んでいこうと思います。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : カール・ヨーゼフ・ジムロックの名言 忍耐の草は苦い。だが、最後には甘く柔らかい実を結ぶ カール・ヨーゼフ・ジムロック ジムロック Karl Joseph Simrock 名言 忍耐 甘く柔らかい実を結ぶ

ヘンリー・ボーンの名言:自然と時と忍耐の三つが、もっとも偉大な医者である。

ヘンリー・ボーンの名言
自然と時と忍耐の三つが、もっとも偉大な医者である。


自然と時と忍耐の大切さを説いた格言です。

私は忍耐と時間は両方そろってこそ成果を上げるものだと思っています。

確かに一時的な忍耐も大切ですが
何かを継続していく忍耐力は
もっと大切だと思います。

自然ももちろん大切です。

この3つが偉大な医者とは何を意味しているのでしょう。

私なりの解釈では
医者と言うのは
良くない状態のものを
健全な状態に直してくれるものを
抽象的にあらわしたのだと思います。

つまり
物事を解決したり修復したりする
という意味があるのではないでしょうか。

医者は私たちが常に頼りにしている存在です。

医者に頼まなければ
自分の力だけで解決できない問題が
たくさんありますよね。

ヘンリー・ボーン名言
自然と時と忍耐が
私たちを助けてくれる
と言っているような気がします。

いつも助けてくれていると言った方が良いのかもしれませんね。

私たちはいつも自然に囲まれて
忍耐をしながら時間を過ごしていくことで
身も心も健全でいられるのかもしれません。

これからも自然を大切にして
貴重な時間を有意義に過ごし
忍耐が大事だということを
常にに心がけながら過ごしていきたいと思います。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ヘンリー・ボーンの名言 自然と時と忍耐の三つが、もっとも偉大な医者である。 ヘンリー・ボーン 名言 自然 忍耐 偉大な医者 偉大 医者

オスカー・ワイルドの名言:自分自身を愛することは、 一生涯続くロマンスを始めることである。(To love oneself is the beginning of a life-long romance.)

オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)の名言
自分自身を愛することは、 一生涯続くロマンスを始めることである。
(To love oneself is the beginning of a life-long romance.)


オスカー・ワイルドOscar Wilde)は
アイルランド出身の詩人さんです。
作家、劇作家でもありました。

素晴らしい作品をたくさん残したオスカー・ワイルド
名言もたくさん残しています。

自分自身を愛する事って
簡単そうに見えますが
実はそうではないのかもしれませんね。

私は自分自身の好きな部分もありますが、
逆にあまり好きではない部分もたくさんあります。

それは外見であったり
内面であったり。

でもそれではいけないんですね。

自分自身の全部を好きにならないと。

そして自分自身を愛するということは
もっと自分を認めてあげることかもしれません。

それが一生続くロマンスを始めること。
なんだか素敵ですね。

私も自分自身を愛せるように頑張ってみます。
愛せるような自分になるって言ったほうがいいのかな。

オスカー・ワイルドOscar Wilde)の本名
オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde)

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : オスカー・ワイルドの名言 自分自身を愛することは、一生涯続くロマンスを始める オスカー・ワイルド オスカー Oscar Wilde 自分自身 愛すること ロマンス romance

ゲーテの名言:人生は全て次の二つから成り立っている。したいけど、できない。できるけど、したくない。

ゲーテ(Goethe)の名言
人生は全て次の二つから成り立っている。
したいけど、できない。
できるけど、したくない。


私ははじめてこの格言を知ったとき
これはまさに私のことを言っているのか、
と思いました。

したいけどできない事。
これは仕方のないことです。
私にもやりたくてもできないでいることがたくさんあります。
もちろんある程度のことは
できるように努力したり
工夫したりしますが
ほとんどのことは
単なる漠然とした希望だから
できなくても仕方ない
と思ってそれ以上深く考えることはありません。

でも、できるけどしたくない事。
これはこのままではいけないと思いました。

それにしても、
世の中のことや、人生が
全部この2つのことから成り立っているなんて
なかなかうまくはいかないものですね。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ゲーテ(Goethe)の名言 人生は全て次の二つから成り立っている。したいけど、 ゲーテ Goethe 名言 人生 ゲーテの名言 Goetheの名言 格言 人生は全て次の二つから成り立っている

フリードリヒ・フォン・シラーの名言:自然は無限に分割された神である。神と自然は、完全に相等しい二つの偉大な力である。

フリードリヒ・フォン・シラー(Friedrich von Schiller)の名言
自然は無限に分割された神である。
神と自然は、完全に相等しい二つの偉大な力である。


神が分割される。
なんだか不思議な表現ですね。

しかも無限に分割されていて、
それが私たちの知っている自然だというのです。

自然には神が宿っている、とか
自然は神様だ、と言われればわかりやすいのですが。
無限に分割された神様とはイメージしにくいですね。

しかし、自然と神は相等しいと言ってくれていますので
結局は自然が神様なのでしょう。

さすがシラーです。
考えさせてくれますね。

自然を神様と考えるかどうかに限らず、
私は自然を大切にしたいと思います。

自然と言うと山や、
そこに生息する植物のことを意味することが多いですが、
石や水、他のすべての自然がかけがえのない物だと思います。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : フリードリヒ・フォン・シラーの名言 自然は無限に分割された神である。神と自然は、完全に フリードリヒ・フォン・シラー シラー Schiller 自然 無限 偉大な力 フリードリヒ

フリードリヒ・フォン・シラーの名言:神は、もはや人間の力では助けられない時のみ助ける。

フリードリヒ・フォン・シラー(Friedrich von Schiller)の名言
神は、もはや人間の力では助けられない時のみ助ける。


日本にも自助の精神、
というものがありますが
きっと同じことなのでしょうね。

最初から神様に助けてもらおうとしてはいけない、
自分で頑張れる間は
自分の力で何とかしようと
努力しないといけないわけです。

神様をあてにすることはなくても
他人の力に頼ってしまうことは多いかもしれませんよね。

Heaven helps those who help themselves.
という、英語の言葉を思い出しました。

天は自ら助くる者を助く

大事なことですね。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : フリードリヒ・フォン・シラーの名言 神は、もはや人間の力では助けられない時のみ助ける。 フリードリヒ・フォン・シラー 名言 神は 人間 Schiller シラー 天は自ら助くる者を助く 詩人

ジョン・ミルトンの名言:心は己をその住まいとす

ジョン・ミルトン(John Milton)の名言
心は己をその住まいとす


イギリスの詩人、ジョン・ミルトン名言です。

代表作の失楽園はルネサンス期の長編叙事詩の名作です。
他にも復楽園や闘士サムソンなどがあります。

失楽園は有名ですが復楽園はあまり知られていませんよね。

この名言、人の心について教えてくれています。
確かに心は己の中に住んでいます。

でも、もっと違う意味があるのかな。

でも私なりにこの名言を解釈してみました。
私の心は私と一心同体。

私は私の心と仲良くしていかないといいけないんだと思います。
私は、私の心を大切に
これからもがんばっていきたいと思います。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ジョン・ミルトンの名言 心は己をその住まいとす ジョン・ミルトン 住まい John Milton 失楽園

ゲーテの名言:花を与えるのは自然、編んで花輪にするのは芸術。

ゲーテの名言
花を与えるのは自然、編んで花輪にするのは芸術。


ゲーテの素晴らしい名言です。

自然が与えてくれる花たちを
人間の手でさらにすばらしくできるんですね。

まさに、それが芸術ですね。

ゲーテはどんな花を見て
この名言を生み出したんでしょうか。

何かきれいな花輪を見て
この言葉が生まれたのかもしれませんね。

花と芸術。
とてもロマンチックな言葉です。

やっぱりゲーテの名言は
きれいな言葉が多いので大好きです。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ゲーテの名言 ゲーテ 名言 花を与えるのは自然、編んで花輪にするのは芸術。 自然 花輪 芸術 名言集 格言集

ゲーテの名言:信仰は、見えざるものへの愛、不可能なもの、ありそうにないものへの信頼である。

ゲーテの名言
信仰は、見えざるものへの愛、不可能なもの、ありそうにないものへの信頼である。


ゲーテGoethe)の名言です。

ゲーテはドイツを代表する文豪ですが
詩人でもあり劇作家小説家哲学者、自然科学者、政治家、法律家など
いろんな顔を持っていたそうです。

ゲーテのフルネームはヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテJohann Wolfgang von Goethe) 、
ちょっと長いですね。

ゲーテはほかにもいろいろな名言を残しています。
やはり哲学的な内容のものが多いようですね。

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ゲーテの名言 信仰は、見えざるものへの愛、不可能なもの、ありそう ゲーテ 名言 Goethe ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 詩人 劇作家 小説家 哲学者

スポンサーリンク

プロフィール

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。