スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピタゴラスの名言:利欲は飽きることを知らず

ピタゴラス名言
利欲は飽きることを知らず

ピタゴラス名言の通り人が自分の利益を得ようとする欲望は
尽きる事がないのかも知れません。

ただ、個人個人が自分の利益を追求していく事は
悪いことではないと思います。

ピタゴラス名言はまるで
自分が利益を得る為に他人を犠牲にしたり踏み台にしたり、
人間は欲望の塊だと言っているようにも聞こえますが、
私はむしろ人間の個性を的確に指摘した名言だと思っています。

他人を思いやり他人と助け合う事は
自分の利益に相反するものではありません。

実際、社会の中では一人一人が自分の利益を追い求めるからこそ
経済も発展して行きます。

逆に自分にとっての利益に消極的な人ばかりでは
会社や企業もうまくいきません。

より多くの給料が欲しい、より良い環境で仕事をしたい
というモチベーションがあってこそ企業が発展し、
個人としても会社組織としても
社会に貢献できるのではないでしょうか。

逆に人には
自分が不自由なく暮らせるだけの利益は
自分自身で確保する責任があると思います。

利益をあげられないために生活に不自由すれば
周囲の人達が援助しなくてはならないのが今の社会です。

本人に援助する意志がなかったとしても
税金などを通じて誰かの面倒を見ることになります。

つまり自分の利益を得ようとする事は他人の為にもなり、
大げさに言えば自分の利益が他人の利益にもなると言えます。

また積極的に人助けをしようと思えば
自分に相応の余裕がなくてはならないのも事実です。

だとすればピタゴラス名言の通り
利欲は飽きることを知らず、
だとしてもそれは望ましいことなのかも知れません。

程度の問題もありますが、
せめて自分に必要な利益を得るための利欲は
持っていたほうが良いと思います。

そして利欲を持つことは人として自然な心理だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ピタゴラスの名言 ピタゴラス 名言 偉人 利欲は飽きることを知らず 利欲 Pythagoras 数学者 哲学者 古代ギリシア

ドストエフスキーの名言:人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。

ドストエフスキー名言
人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。

つい自分は恵まれていないと悲観的になってはいけませんね。
私も自分は運が悪いと考えたり
他人を羨ましがったりする時があるので
反省しなくてはいけないと思います。

自分が不幸だと思い込んでいては
楽しい毎日を送れるはずがありません。
考え方を変えれば
私たちのまわりには幸せがたくさんあるはずです。
自分の周りに散らばる小さな幸せに
ひとつひとつ目を向けてこそ
幸せな日々を過ごせるのだと思います。

仕事をしていれば会社で嫌な事もあるかも知れません。
人間関係に悩む事もあるかも知れません。
普通に毎日を過ごしていれば
どうしても楽しいことばかりとは言うわけには行きません。

そんなときは自分が不幸だと思い込まずに
自分が幸せだと言うことを知らないだけだと考えるのも
1つの方法かも知れません。
また自分は他の人よりも恵まれているんだ、
と言うことを思い出すのも大切なのではないでしょうか。

不幸の度合いを他人と比べると言うわけではありませんが
自分が恵まれた環境にいる以上、
それなりの態度や行動も責任のうちではないかと思います。

自分が不幸だと思い込んで、
又はその事を言い訳にして
物事から逃げようとするのは良くないですよね。

私も今日から心を入れ替えて
自分がどれだけ幸せな毎日を送らせてもらっているのかを
かみしめながら感謝の気持ちを忘れずに前向きに生きていこうと思います。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 名言 名言集 格言 ことわざ 格言集 ドストエフスキー 人間 不幸 自分 幸福

スポンサーリンク

プロフィール

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。