有森 裕子の名言:メダルの色は、銅かもしれませんけれども、終わってから、なんでもっと頑張れなかったのかと思うレースはしたくなかったし、今回はそう思っていないし、初めて自分で自分をほめたいと思います。

有森 裕子の名言
メダルの色は、銅かもしれませんけれども、
終わってから、なんでもっと頑張れなかったのか
と思うレースはしたくなかったし、
今回はそう思っていないし、
初めて自分で自分をほめたいと思います。


女子マラソン選手、有森裕子さんが
銅メダルを獲った
1996年アトランタ五輪女子マラソン
ゴール後にインタビューの中で言った言葉です。

自分のベストを尽くしたからこそ言えた言葉だと思います。

終わってみて後悔なんて全然なくて
全力を出し切った達成感だけがあったんだと思います。

だからこそ自分自身を褒めてあげることができたんですね。

それにしても
初めて自分自信を褒めてあげたいと思ったなんて、
すごく自分に厳しいんですね。

ずっと自分に厳しく練習に励んで、
本番のレースでも最後まで頑張って、
やっと自分自身を評価してあげるなんて
かっこよくて素敵です。

私はマラソンは走ったことがないし、
全く違う世界に生きていますが、
私は私なりに
自分自身を褒めてあげられるような努力を
していかなくちゃいけないと思います。

自分に厳しくするのはあまり得意ではないのですが、
せめて私も、
なんでもっと頑張れなかったのか
と思うような結果にならないように
後悔の残らないように頑張ろうと思います。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 有森裕子の名言 メダルの色は、銅かもしれませんけれども、終わってか 有森裕子 名言 メダル レース 初めて自分で自分をほめたい 自分で自分をほめたい 女子マラソン

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク