マルクス・トゥッリウス・キケロの名言:汝は生きるために食うべし、食うために生きるべからず。

マルクス・トゥッリウス・キケロ(Marcus Tullius Cicero)の名言
汝は生きるために食うべし、食うために生きるべからず。


人生の質を問うような名言ですね。

食うために生きる、
と言うのはただ生きているだけ、
と言うイメージです。

キケロの言うような、
生きるために食う、とは
ただ時間を過ごすのではなく
食べることや寝て起きてという
生活のサイクルのほかに
別の目的も持ちながら毎日を生きなければ
充実した人生を送ることができない
と気う意味だと思います。

今の私たちの生活に置き換えると、
ただ毎日仕事に行って
なんとなく1日が終わってしまうのは
もったいないと言う事ですね。

どんな毎日が有意義なのかは
人によってそれぞれですが、
仕事の中にやりがいを見つけるのも大事だし、
休みの日に熱中できるような
趣味を見つけるのもいい事だと思います。

人によっては仕事は仕事と割り切って、
仕事以外の時間を
自分のために有意義に使っていますね。

私もこのタイプです。

やっぱりお金をもらいながら
好きなことができる仕事となると
なかなか見つからないですからね。

これからも
趣味の時間や
友達と会ったり家族との時間を
大切にしようと思います。

そのために仕事を頑張る。

時々キケロ格言を思い出しながら
私なりの充実した時間を送れればいいと思います。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : マルクス・トゥッリウス・キケロの名言 汝は生きるために食うべし、食うために生きるべからず マルクス・トゥッリウス・キケロ キケロ Marcus Tullius Cicero 名言 生きるために食う

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク