志賀 直哉の名言:仕事は手段にあらずして目的だ。

志賀 直哉(しが なおや)の名言
仕事は手段にあらずして目的だ。


志賀 直哉
明治から昭和にかけて活躍した小説家です。

何かの目的があって
仕事をする人は多いと思います。

目的は生活のためだったり、
趣味のためだったり人それぞです。

私の場合、
生活という目的があるので
仕事という手段を使って
お金を稼いでいることになります。

でも志賀 直哉の場合、
何かの目的のために手段として仕事をするのではなく、
仕事そのものが目的だったようです。

趣味と実益を兼ねている状態だったのでしょうか。

もしかしたら仕事をすること自体が
趣味だったのかもしれません。

有名な作家や小説家の場合
執筆活動が人生そのもの
という場合も多いようです。

本を書くために生まれてきた、
と言ったら大げさかもしれませんが、
少なくとも本を書くために生きてた
と言ってもいいのではないでしょうか。

運良く天職を見つけ、
その天職を続けていける環境も
そろっていたのでしょうね。

世の中には
自分の天職に出会えずにいる人が
たくさんいます。

天職が見つかったとしても
経済的な理由などから
その職業に職に就けなかったりすることもあるようです。

私もまだ天職を見つけることが出来ずにいます。

もし自分の天職が見つかったら素敵ですよね。

今の私はマイペースに生活できることが優先です。

そのために条件を絞っていくと選択肢もそれほど多くはありません。
その少ない選択肢の中から
自分にもできそうな仕事を選ぶのが精一杯で、
その仕事を一生懸命に頑張る毎日ですが、
その仕事の中に
自分なりの楽しみを見つけることも大切ですよね。

もしかしたら今の仕事が天職になるかもしれないし、
もうすでに天職に出会っているのかもしれないです。

私もいつか志賀 直哉のように目的として仕事をしてみたいと思いました。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 志賀直哉の名言 仕事は手段にあらずして目的だ。 志賀直哉 しがなおや 名言 仕事 手段 目的 格言 小説家

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク