ウィリアム・タフトの名言:自分に起こらない限り、 何が起ころうと気にしない人があまりにも多い。

ウィリアム・タフト(William Taft)の名言
自分に起こらない限り、 何が起ころうと気にしない人があまりにも多い。


ウィリアム・タフト
第27代アメリカ合衆国大統領です。

第10代連邦最高裁判所首席裁判官でもあったそうです。

ウィリアム・タフトのフルネームは
ウィリアム・ハワード・タフト
William Howard Taft)です。

大統領としてMLBの始球式を初めて行った人物
というエピソードも持っています。

そんなウィリアム・タフト名言
私たちにとってはとても厳しい意見だと思います。

でも、こんなにストレートに指摘されても
それを否定できる人は少ないのではないでしょうか。

ニュースなどを見て他人の心配をしているようでも
やっぱり人ごとなので頭の中は意外と冷静で
自分に直接関係のない問題は
それ以上深く考える事もなく
すぐに次々と忘れていってしまいます。

まるで自分には関係がないということを
確認するためにニュースを見ているみたいです。

でもこれではいけないということは
誰でもわかっているはずです。

人間はもともと冷たい生き物なのでしょうか。

確かにそれもあるかもしれませんが
他人の事を自分の事の様に心配できる
優しい人もたくさんいます。

中には優しい心を持っていながらも
自分の事で精一杯で
他人の心配をする余裕がない人もいるはずです。

自分の事よりも他人の事を優先することも
時には大切かもしれませんが、
他人の心配をするよりも
自分の事を自分で面倒をみる
ということも大事なことだと思います。

まずは自分に起こったことを自分で解決していく。

そして他人の心配をする余裕があれば
他人の身に起きたことにも力を貸してあげる。

現実的にはこれが精一杯かもしれません。

大統領らしい名言ですが、
その背景には
他人の事を思いやる優しさがあふれる社会にするためには
まず第一に世界中が平和になり
経済的にも豊かにならなければならない
という問題が隠れているような気がします。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ウィリアム・タフトの名言 自分に起こらない限り、 何が起ころうと気にしない人があまりにも多い。 ウィリアム・タフト タフト William Taft 名言 何が起ころうと気にしない WilliamTaft

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク