アルベルト・アインシュタインの名言:常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

アルベルト・アインシュタイン(アルバート・アインシュタイン  Albert Einstein)の名言
常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。


天才と呼ばれるような人たちは
あまり常識にとらわれずに生きていくことができるようですね。
そして、この名言を残したアインシュタイン
例外ではなかったと言う事だと思います。

常識にとらわれないから天才なのか、
天才だから常識にとらわれないのか。

天才と呼ばれる人達の目には
常識で構成された世界がどのように映っているのか
私にはさっぱりわかりません。
考えてもきっと私に理解できることはないと思うので
あまり考える気にもならないのですが…。

と言うのも私が生きて行くにはやはり
常識という道標が必要なのです。
私と同じように考えている人も多いのではないでしょうか。

でもアインシュタインの言う通り
常識というのは
成長する過程や人生の色々な経験の中で身に付けた
偏見の集大成なのかも知れません。

そして皆が
それぞれの常識と言う偏見を持ち寄って
今の社会が出来上がっている様な気がします。

そんな中で常識に頼りながら生きて行かなくてはならない私も、
その常識の正体が偏見だと言う事を頭でわかっていれば
今より少し上手に社会生活ができるかも知れません。

それにしてもアインシュタインの名言
常識と偏見を結び付ける所までは普通の人でも考えることかも知れませんが
十八歳と断定しているところに
アインシュタインの名言らしい強いインパクトがありますね。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : アルベルト・アインシュタインの名言 アルバート・アインシュタインの名言 アインシュタインの名言 常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクション アルベルト・アインシュタイン アルバート・アインシュタイン アインシュタイン Albert Einstein 常識

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク