スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイウス・ユリウス・カエサルの名言:賽は投げられた

ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Julius Caesar)の名言
賽は投げられた(古典ラテン語:Alea jacta est、アーレア・ヤクタ・エストゥ)


賽は投げられた(古典ラテン語:Alea jacta est、アーレア・ヤクタ・エストゥ】
一般的な全文:
「ここを渡れば人間世界の悲惨、渡らなければわが破滅。
(兵士たちに振り返って)進もう! 神々の待つところへ! 
我々を侮辱した敵の待つところへ! 賽は投げられた!」

としても有名な名言ですが、
元々は古代ローマのガイウス・ユリウス・カエサル
軍を率いて南下している際、
北イタリアのルビコン川を渡ろうとした時に言った言葉の様です。

の一般的な意味は、
「運命の歯車は既に回ってしまった」と解釈されています。

要するに、
自分達の置かれている状況は既に結果を気にする段階ではなく、
もはや行動を起こす以外に方法はない、
と言う意味の言葉です。

私も時々自分自身に対してこの名言を使うことがあります。

例えば、
しなければならない仕事があるのにやらずにいる時。

やらなければならない事はわかっているし、
やらずには済ませられないことも分かっているのに
つい後回しにしようと思ってしまう事があります。

そんな時、
自分に「塞は投げられた」と言い聞かせています。

とにかく手を付けること、私はこれが大切だと思います。

始まってしまえば勢いがつくのですが、
その肝心な最初が難しいんです。

そんな時は今度からも「塞は投げられた」、
この名言を自分に投げ掛けていきたいと思います。

カエサルがこの言葉を使った時の状況とは
事態の深刻さがまったく違いますが、
私なりに運命の歯車が回りはじめたとき、
一歩踏み出すのが難しいとき、
自分の背中を押してあげる力になるんじゃないかと思います。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ガイウス・ユリウス・カエサルの名言 賽は投げられた ガイウス・ユリウス・カエサル カエサル Gaius Julius Caesar 名言 カエサルの名言

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。