スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルティン・ルター(Martin Luther)の名言:医者は我らの主なる神の修繕工なり

マルティン・ルターMartin Luther)の名言
医者は我らの主なる神の修繕工なり

どうしても避けられない病気やケガをすることもありますが、
私達はいつも自己管理の甘さから体調を崩したり
不注意で本来ならばしなくても済むケガをしたりしてしまいます。
そのたびに病院に行ってお医者さんのお世話になるわけですが
マルティン・ルターによると
私達は修繕工に修理してもらっているということになるんですね。

マルティン・ルター名言が意味するところとは違いと思いますが
なるべく医者にはかかりたくないものです。
もちろん具合が悪い時に病院に行かずに我慢するという意味ではなく、
ならなくて済む病気で医者にかからないように
普段の自己管理を徹底したいです。

そして同じ様に、つまらないケガをしないように
注意深く行動しなければならないと思います。
健康な時は健康でいる事の大切さに気付きにくいと言いますが
健康な時にこそ自己管理が重要です。
だからこそ
今のありがたい健康を維持していけるように心がけたいと思います。
自分で自分の体を傷つけて修理工に直してもらわなくても済むように。

少し気を付けて生活するだけで
修理工のお世話になる機会も減らせるのではないでしょうか。
世間では医者が不足していると聞きますが、
もしかしたら必要以上に患者が多すぎるのかも知れませんね。
医療を本当に必要としている人たちが
いつでも十分な治療を受けられる為にも、
自分の体を大切にしたいと思います。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : マルティン・ルターの名言 医者は我らの主なる神の修繕工なり マルティン・ルター ルター Martin Luther 名言 医者 神の修繕工 修繕工

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。