アモス・ブロンソン・オルコットの名言:討論は男性的であり、会話は女性的である。

アモス・ブロンソン・オルコット(Amos Bronson Alcott)の名言
討論は男性的であり、会話は女性的である。


アモス・ブロンソン・オルコットはアメリカの教育者であり作家でもあった人です。
とても印象的な言葉だと思うのですが
アモス・ブロンソン・オルコットが生きていたのは19世紀、
今から100年以上も昔です。
しかもアメリカの方ですので
この名言も今の日本の社会に当てはめると
必ずしも一致していないような気もします。

日本の社会では
会話をするのは男性、
討論をするのが女性だと思います。

討論と言えるのかどうかは分かりませんが
女性はすぐに感情的になり
結果、何の結論も出ず
ただ自分勝手な意見を吐きだすことに終始する
という傾向があります。

会話は男性のほうが得意のようです。
冷静な会話でも少し白熱した言いあいにしても、
相手とのキャッチボールがキチンと成立しています。

女性も男性を見習わないといけないと思います。
もう一度
討論は男性的であり、会話は女性的である、
と言ってもらえるように。

私も反省すべきは反省し
改めるべきは改めなければと強く思いました。
まぁ、性格的な部分も大きいのでしょうけども。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : アモス・ブロンソン・オルコットの名言 討論は男性的であり、会話は女性的である。 アモス・ブロンソン・オルコット オルコット Amos Bronson Alcott 名言 討論 会話

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク