ジャン=ジャック・ルソーの名言:アクセントは会話の生命である。アクセントは会話に感性と真実を与える。

ジャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau)の名言
アクセントは会話の生命である。アクセントは会話に感性と真実を与える。


アクセントは、その人の話し方を特徴づけるのですね。

会話の雰囲気を左右する重要な要素で、
会話の生命というのも言い過ぎではないと思います。

この名言の通り
アクセントが会話に感性を与えるというのは
私もすぐに理解できました。

ただ、会話に真実を与えるというのはどういう意味なのでしょうか。
言葉の中にその人の本当の気持ちが入りこむという意味なのでしょうか。
私が正確に解釈するには少し深すぎる言葉かもしれません。

私がこの名言に出会ったとき
まず最初に思い浮かんだのが
方言についてでした。

方言は日本の特徴でもあり
私も各地の方言が大好きなのですが。

方言は言葉自体も地域によって大きく違いますが
アクセントの違いも
その方言が、その地域の方言であるための
重要な要素ではないかと思います。

そういう意味では
アクセントは会話の生命であると同時に
方言の生命でもあるのではないかと思います。

私なりの解釈ですので
ルソーが言いたかったこととは
少し違ってしまうのでしょうけども
感情を込めた会話の大切さは
私にもわかるような気がします。
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ジャン=ジャック・ルソーの名言 アクセントは会話の生命である。アクセントは会話に感 ジャン=ジャック・ルソー ルソー Jean-Jacques Rousseau アクセント 会話の生命 感性 真実

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク