ウィンストン・チャーチルの名言:未来のことは分らない。しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。

ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)の名言
未来のことは分らない。
しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。


未来のことはだれにもわかりません。

どんなことが起こるのかと考えてみたり、
未来に期待を抱いたりしますが
実際私たちにどんな未来が待っているのかは
未来になるまでわからないものです。

しかし、ウィンストン・チャーチルの名言は
過去が私たちに希望を与えてるれるはず、
と言っています。

この名言
人事を尽くして天命を待つ
ということわざに似てるような気がします。

やっぱり未来に希望を持つためには
そのための過去、現在を過ごすことが
大切なのではないでしょうか。

私はこの名言を
未来に希望を持つためには
そのための過去が必要、
という解釈をしています。

私も今を精一杯頑張って
未来に希望が持とうと思います。

※ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)のフルネーム
サー・ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル
(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill)
関連記事

テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ウィンストン・チャーチルの名言 未来のことは分らない。しかし、我々には過去が希望を ウィンストン・チャーチル ウィンストン チャーチル Winston Churchill 未来 過去 希望

コメント

Secret

スポンサーリンク

プロフィール

名言&格言

Author:名言&格言
名言と格言を紹介してます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク